無職の人のクレジットカードの選び方について

無職,クレジットカード,選び方

無職のクレジットカードの選び方では、

  1. 専業主婦・学生の場合のポイント
  2. 信用情報機関のデータの確認
  3. デビットカードの基本

について理解しておくことが重要です。上の3つのポイントについて理解すれば、自分に合ったクレジットカードが分かるようになります。

 

専業主婦、学生のクレジットカードの選び方

無職,クレジットカード,選び方

専業主婦の場合

専業主婦や学生のクレジットカードなら、無職だからといって心配する必要はありません。専業主婦の場合は、まずは「家族カード」が作れないか?」を検討するのがおすすめです。

 

家族カードは、お勤めをしている配偶者(旦那さん)の信用で作るクレジットカードのことです。基本的には、旦那さんにクレジットカードに申込みをしてもらい、家族のあなたが利用できる「家族カード」を作ってもらう方法です。

 

この方法なら、あなた自身に収入がなかったとしても、クレジットカードが作れる可能性が高くなります。

 

学生の場合

また、あなたが学生である場合は、「学生専用クレジットカード」を選ぶのがおすすめです。
学生用のクレジットカードは、キャッシュバックなどの特典も多く、無職でも比較的審査に通りやすいといわれています。

 

もしこの方法でクレジットカードを作るのが難しい場合は、最後に説明するデビットカードの利用を検討してみてください。

信用情報機関の基本ついて理解する

無職,クレジットカード,選び方

無職でもクレジットカードを選ぶことは可能ですが、信用情報機関に事故情報が登録されていると、審査に落ちる場合があります。信用情報機関というのは、金融機関と個人との取引における、延滞債務整理申込みなどの特定の取引履歴をデータベースに登録する会社です。日本では、

  • 株式会社シーアイシー
  • 株式会社日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

の3つが、国によって指定された信用情報機関になります。

 

もしあなたが現在、なんらかのローンの支払が遅れている場合は、延滞を解消してからクレジットカードに申し込んでください。延滞中のローンが残っていると、審査に通りにくくなりますので注意するようにしてください。

デビットカードについて理解する

無職,クレジットカード,選び方

専業主婦でも学生でもない無職の場合は、デビットカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか?
デビットカードは、クレジットカードと同様の使い方をすることができ、審査なしで利用できるサービスがほとんどです。
登録する銀行の預金残高が上限となりますが、自分の持っている資産の範囲内でクレジット払いできるのがメリットとなります。