専業主婦でもクレジットカードは作れます!

無職,クレジットカード,主婦,専業主婦

専業主婦だからクレジットカードが作れない、と思っていませんか?専業主婦でも申込み可能なサービスがあります。実際にクレジットカードの支払を利用している専業主婦も多くなります。

 

しかし、会社員や派遣社員などの主婦と比較すると、専業主婦がクレジットカードの審査で限度額が少なくなるのも事実です。専業主婦は、いわゆる無職とは異なりますが、自分に注意点について確認した上で申込み先を選ぶようにしてください。

 

主婦がクレジットカード審査に通る理由

無職,クレジットカード,主婦,専業主婦

専業主婦でもクレジットカードが作れる理由とは?

専業主婦でもクレジットカードが作れるのは、法律で禁止されているわけではないからです。2010年6月から貸金業者によるカードローンについては、原則禁止となってしまいましたが、クレジットカードも禁止されたわけではありません。

 

クレジットカードの審査にとおれば、専業主婦でも問題なく、カードが利用できるようになります。

 

専業主婦のキャッシング枠は難しい!

上で説明したキャッシングの規制は、貸金業者がお金を貸付する場合のルールです。貸金業者というのは、

  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 保証会社
  • 消費者金融

などのことをいいます。

 

専業主婦は、クレジットカードによるキャッシングが利用できませんが、どうしてもキャッシングが必要な場合は、銀行のカードローンが利用できる場合があります。

 

たしかに、専業主婦のキャッシングは難しくなりましたが、キャッシングが一切できないわけではなく、クレジットカードについては、これまで通り利用できる可能性が残っています。

 

配偶者のブラック情報は影響する

専業主婦は、いわゆるブラックだと審査に通るのが困難です。それだけでなく、専業主婦の配偶者(旦那)の信用に問題がある場合は、それが理由でカード発行が見送られる場合があります。
旦那のブラック情報がどの程度影響するかは分かりませんが、少なからず影響することがあるので注意するようにしてください。

主婦は支払可能見込額が大切です!

無職,クレジットカード,主婦,専業主婦

クレジットカードの支払可能見込額とは?

クレジットカードの支払可能見込額は、「年収-年間請求予定額-法律で定められた生活維持費」のことです。簡単にいうと、世帯全体の年収から「カード払いの代金」「生活費」を引いたものが支払可能見込額になります。

 

支払可能見込額の生活費の計算のしかたについて

支払可能見込額を算出するには、生活費がわかっている必要があります。この計算の生活費は、法律によって決められていて、たとえば、

  • 一人暮らし(賃貸住宅):116万円
  • 一人暮らし(持ち家):90万円

などと決まっています。

その他の家族構成についての生活費については、クレジットカード会社の説明等を参考にしてください。

 

支払可能見込額の調査のタイミングについて

支払可能見込額がクレジットカード会社によって調査されるのは、カードの新規発行時だけではありません。クレジットカードの有効期限で更新するときと、限度額の増額を申請したときも調査されます。
クレジットカードの利用可能枠は、算出された支払可能見込額の9割程度になることが多くなります。

 

配偶者の収入があれば無職や家事手伝いより主婦が有利!

無職,クレジットカード,主婦,専業主婦

専業主婦は無職とは違う!

専業主婦に自分名義の収入はありませんが、いわゆる、なにもしていない無職とは異なります。家事や育児を専業としているのが専業主婦ですので、無職とは異なる属性になると考えられます。
つまり配偶者に十分な収入があるなら、無職と比較して明らかに審査で有利になると推測できます。

 

自分の信用情報がなにより重要!

配偶者に収入があれば、専業主婦の審査は確かに有利になりますが、やはり、主婦本人の信用情報に問題がないことが重要です。

 

いくら、配偶者の収入が多かったとしても、これまでの返済で延滞を繰り返しているようでは、審査が厳しくなって当然です。クレジットカードの審査では、信用情報機関の登録データが確認されます。その情報に問題がないことが審査通過のカギを握るということです。

 

主婦本人か配偶者のブラック情報があると審査落ちの恐れがある

信用情報機関における調査では、主婦は本人とともに、配偶者の信用情報も重要になります。

 

あなたと旦那のどちらかの信用に問題があると思われるときは、個人信用情報を確認してから、クレジットカードに申込むことも可能です。自分の情報を確認するには、信用情報機関に対して、情報の開示請求を行います。

信用情報機関への開示請求方法

1,000円程度の手数料が発生しますが、あなたと配偶者のブラック情報について確認できます。なお、過去の延滞や債務整理(任意整理や個人再生、自己破産など)をしたことがある場合は、約5年(自己破産は10年)で情報が消去されます。5年以上前の情報については、あまり気にする必要はありませんので、確認せずにクレジットカードに申し込んでしまってもいいでしょう。